10分でわかる『恐竜』/これだけで大丈夫!基礎知識

10分でわかる恐竜-1

今、東京上野の国立博物館で『恐竜博2019』が開催されていますね。
この恐竜博に限らず子供たちに人気なのが恐竜です。

恐竜ものは夏休みや冬休みなどに子供を連れて行ってあげたい人気イベントの1つです。

何と言っても恐竜は怪獣と違い地球のリアルな歴史です。
子供たちにとって興味をそそるだけでなくもとても勉強になります。

是非、恐竜やマンモスのイベントに連れて行ってあげてください。

でも、そんな時、お父さやお母さんも最低限の恐竜の基礎知識はほしいですよね。
子供に質問されても「????」ではちゅっと寂しい。
特にお母さんは「今まで感心なかったので…」と言う場合が多いかもしてません。

そこで大人として知っておきたいこと、
恐竜の名前は子供たちにませけるとして、
恐竜の基礎知識『10分でわかる恐竜/基礎知識』をまとめました。

恐竜とは

イメージとしては「大昔に生息した爬虫類」(はちゅうるい)でいいです。
爬虫類なので卵をうみ繁殖します。

映画などでは一緒に登場することが多く、
混同しやすいのが翼竜(空を飛ぶタイプ)、魚竜・首長竜(海などに生息)です。
 これらは恐竜と分類は分けられています。
 

恐竜はいつ生息したのか?

これは恐竜の名前には強くても時代(歴史)はイメージしづらい子供たち。
なのでお父さんお母さんの出番です。

①.そもそも宇宙が誕生したのが138億年前、

②.地球が誕生したのだ約46億年前、

③.細胞的な生物が海の中で誕生したのが38億年前頃、
(魚類などが誕生するにはさらに10億年以上あと)

④.5億4000万年前「カンブリア紀」
 この名前テレビ番組にもありますよね。
 海の中で多くの生物が進化をし誕生しました。
 よく化石に出てくるアンモナイトなど。

⑤.ここから恐竜の登場です。
 時代は「中世代」で「三畳紀」「ジュラ紀」「白亜紀」に別れています。

最初の恐竜は2億2000万年前「三畳紀」です。
その後、恐竜は1億6000千万年近く栄えて「白亜紀」の末、
6550万年前に絶滅しました。

映画「ジュラシックパーク」は「ジュラ紀」からきているのですね。
この時代(約2億1200万~1億3000万年前)に
恐竜は様々に進化、巨大化しました。
そして空には翼竜、海には首長竜と巨大爬虫類が陸・海・空を支配します。

ちなみに

☆マンモスは700万~600万年前に誕生。
恐竜が絶滅後、6000万年近く後なんですね。

☆人類の誕生、私たち新人は約20万年前に誕生したと考えられています。

10分でわかる恐竜-2

 

人気恐竜おすすめベスト6

10分でわかる恐竜-11

1位ティラノサウルス

肉食恐竜の代名詞的存在です。日本でも小型のティラノサウルス科の
化石はいくつか発見されています。
全長:約12m

 

10分でわかる恐竜-12

2位スピノサウルス

化石が見つかっている肉食恐竜のなかでは最も大きく成長する恐竜です。
全長:約10~18m

 

10分でわかる恐竜-13

3位トリケラトプス

イメージはシロサイの恐竜版ですね。
草食で性格も大人しかったと考えられています。
ただ頭の角をみると攻撃力は強かったと想像できます。
全長:約9m

 

10分でわかる恐竜-14

4位プラキオサウルス

化石が発見されているなかで最大級の恐竜の1つとされています。
草食で北米、アフリカで発見されています。
全長:約25m 体重:40~70トン

 

10分でわかる恐竜-15

5位ステゴサウルス

植物食恐竜。
肉食竜には襲われる立場ですが尾の先にあるスパイク(角)は1mあるので、
反撃能力も備わっていたと考えられます。
全長:約9m

 

10分でわかる恐竜-16

6位イグアノドン

早くから化石が見つかった恐竜です。
草食で角質でできたクチバシと葉っぱのような歯をもっています。
以前は二足歩行と考えれてましたが現在ではほとんどの時間、
四足歩行だったと考えられています。
全長:約7~9m

 

>>テアトルアカデミーの無料オーディション詳細はこちら

 

10分でわかる『歌舞伎』/これだけで大丈夫!基礎知識

10分でわかる歌舞伎‐1

これだけ知っていればOK!
10分でわかる歌舞伎の解説をいたします。

 

歌舞伎とは

日本を代表する伝統芸能の1つで、1964年に重要無形文化財にしていされた演劇です。

歌舞伎の語源:

「傾(かぶ)く」「かぶき者」からきています。

流行の最先端をいく奇抜なファッションや世間の常識はお構いなしなのが「かぶき者」。

その扮装で見せたのが「かぶき踊り」で歌舞伎のルーツといわれています。

 

歌舞伎の歴史:

■始まりは京都

始まりは17世紀の始め(戦国時代)京都で、
出雲阿国(いずものおくに)という女性が始めました。

その後、幕府の統制や時代・流行りなどで下記のように変化しました。

① 阿国歌舞伎(おくにかぶき)/女性
   ↓
② 女歌舞伎(おんなかぶき)/女性
   ↓
③ 若衆歌舞伎(わかしゅうかぶき)/元服前の美少年
   ↓
④ 野郎歌舞伎(やろうかぶき)/男性

 

●俳優は男性のみ

現在の歌舞伎の形、男性が女役も演じ役者は男性だけで、
舞踏中心から演劇が中心になったのは④の野郎歌舞伎からです。

そして江戸時代後期に全盛期を迎えました。

現代歌舞伎は男性の世界で宝塚歌劇団とは反対になりますね。

●俳優名と屋号

歌舞伎俳優には市川團十郎には「成田屋」、
尾上菊五郎には「音羽屋」などとう屋号が100以上あります。

屋号は一門の総称ともいえ、舞台での声掛けも「成田屋!」などと
屋号で掛けられています。

 

●覚えておきたい役者さんと屋号

歴史のある伝統芸能なので昔は格やランク的なものがあったようです。
でも、現在ではそれも薄れ年齢・キャリア・人気の影響が強くなっているようです。

ただ、江戸歌舞伎の宗家と称されている市川團十郎率いる『成田屋』は、
一目置かれていて別格的存在とも言えます。

10分でわかる歌舞伎‐海老蔵1

 

市川海老蔵・市川團十郎【成田屋(なりたや)】

成田屋の市川團十郎は江戸歌舞伎の元祖的存在なので歌舞伎界でも別格的存在です。

10分でわかる歌舞伎‐海老蔵2

 

尾上菊之助・尾上松也/音羽屋(おとわや)

松本幸四郎・市川染五郞/高麗屋(こうらいや)

中村橋之助/成駒屋(なりこまや)

中村壱太郎/成駒家(なりこまや)

中村勘太郎・七之助/中村屋(なかむらや)

中村隼人・中村獅童/萬屋(よろずや)

片岡愛之助/松嶋屋(まつしまや)

市川猿之助・香川照之(九代目市川中車)/澤瀉屋(おもだかや)

この他にもたくさんの魅力的な歌舞伎俳優さんはいらっしゃいますが、
多すぎると覚えられないのでテレビドラマなどにも出演があり
馴染みのある俳優さんをあげてみました。

歌舞伎俳優さんたちの役者名の姓

嵐・市川・市村・岩井・大谷・尾上・片岡・上村・

河原崎・坂田・澤村・實川・中村・坂東・藤間・松本・山崎

 

●歌舞伎を鑑賞できる場所

歌舞伎座

歌舞伎座(東京)

新橋演舞場(東京)

大阪松竹座(大阪)

京都四条南座(京都)

この他にイベント公演や巡業があるため
全国の市民会館やフェスティバルホールでも公演は行われます。

 

●歌舞伎鑑賞の価格

歌舞伎座で4,000~20,000円くらいです。

※一幕見席という1時間前後の上演時間で好きな演目だけをみる席が
1,000~2,000円で用意されています。お試しとしてはおすすめです。
(歌舞伎座)

 

●歌舞伎の人気演目

歌舞伎の演目は400以上あるといわれています。

大きく分けると3種類になります。

1.時代物/室町時代、鎌倉時代が舞台となった物語。

2.世話物/江戸時代が舞台。

3.所作物/踊りや能・狂言を題材にしたもの。

10分でわかる歌舞伎‐千本桜2

・人気時代物

「義経千本桜」

「勧進帳」(かんじんちょう)

・人気世話物

「助六」

「弁天小僧」

・人気所作物

「身代座禅」

「連獅子」(れんじし)

 

これで歌舞伎の歴史・歌舞伎役者・鑑賞場所・料金・出し物と

簡単に説明しましたが、これで基礎知識としてはOKです。

興味をもったら色々覚えていきましょう。

 

>>テアトルアカデミーの無料オーディション詳細はこちら