映画『万引き家族』で注目の子役 佐々木みゆチャン

子役 佐々木みゆ1

 

是枝裕和監督の『万引き家族』が

カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞したね。

 

さっそく見てきました。

とても考えさせられるいい作品ですね。

出演しているリリー・フランキーさん、安藤サクラさん、樹木希林さん、

松岡茉優さんなど素晴らしい演技を見せてくれます。

 

その中でも話題になっているのが子役の2人ですね。

特に妹役の女の子の演技が凄くいいです。

 

あまりにも自然な演技なのでどこまで演技として理解していのか?

と思ってしまいます。

 

是枝監督は事前にセリフを覚えさせずにその場で表現を

作っていくと聞きますが2人の子役(キッズタレント)も

これについて行けたということなのでしょうね。

 

「天才子役(キッズタレント)現る!」です。

2人とも素晴らしのですが、特に妹を演じた子役の女の子が

印象に残った人も多いのではないでしょうか。

 

この子役の女のこは、佐々木みゆチャンといいます。

 

<プロフィール>

■名前:佐々木みゆ

■生年月日:2011年6月21日

■年齢:7歳(2018年6月現在)

■身長:107センチ

■所属事務所:ギュラ キッズ

 

7歳になったばかりなので映画撮影の頃は5歳くらいでしょう。

作った演技ではなく訴えかけてくるものがあるんですよね。

目も魅力的ですよね。

 

実力派の子役といえば芦田愛菜チャンを思い浮かべますが、

佐々木みゆチャンは、愛菜チャンとは違った才能を感じます。

 

起き付きの方も多いと思いますが、佐々木みゆチャンは

現在テレビで放映されているアマゾンのCMに出演しています。

 

子役 佐々木みゆ2

 

小麦アレルギーで普通のパンが食べられない女の子を演じていますが

これもセリフではなく、表情で訴えてくるものがあります。

まだ見ていなければ、このyoutubeをご覧ください。

 

 

これからどんな作品に出演するのか楽しみですね。

 

 

 

2018年6月25日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : tomu

「シン・ゴジラ」の長谷川博己さん「小さな巨人」でも熱演

godzilla

子供たちに大人気のゴジラ、
昨年は「シン・ゴジラ」が大ヒットしましたね。
興業収入も80億円を突破、初代ゴジラから60年以上経った
今でもゴジラ人気の強さを証明しました。

ゴジラは子供たちに人気なのはもちろんですが、初代ゴジラ
から見続けている団塊の世代はじめ大人にも人気があります。

特に「シン・ゴジラ」は大人にも見ごたえ十分な作品ですね。
むしろ大人向きともいえるかもしれません。

やはり「エヴァンゲリオン」のシリーズの庵野秀明監督が
描くゴジラはリアルな脅威など一味も二味も違います。

その「シン・ゴジラ」を含むゴジラ作品31本が
今なら期間限定で無料で見ることができます。
まだご覧になっていなければ今がチャンスです!

→「シン・ゴジラ」+ゴジラ31作品が無料!はコチラから

 
「シン・ゴジラ」で第40回日本アカデミー賞の
優秀主演男優賞に選出された長谷川博己さんが話題の
ドラマ「小さな巨人」で主人公の挫折を味わう
元エリート刑事役を演じていますね。

hasegawa-1

この日曜TSBの夜9時の枠は「下町ロケット」を始め多くに
ヒットドラマを生んでいます。
前作は木村拓哉さんの「A LIFE〜愛しき人〜」でした。

第一話から長谷川博己、香川照之、岡田将生、安田 顕さん
らの迫力ある演技で引き付けらて拡大版のあっという間
でした。今後の展開が待ち遠しいです。

●「小さな巨人」ここでもテアトルアカデミーは活躍してますね。
chiisana-1b

 
●鈴木 福くん、谷 花音ちゃんなど有名子役が多数所属
 
→テアトルアカデミーの無料オーディションはこちら
 
 
 

2017年4月18日 | カテゴリー : ドラマ, 映画 | 投稿者 : tomu

世界の子役、ホーム・アローンのカルキン君

homealone1-400

12月になるとテレビで良く再放送される映画が
「ホーム・アローン」ですね。

この映画、何と言っても1話が最高です。
泥棒役の二人には悪いけど、二人を退治する
シーンはお腹を抱えて笑ってしまいます。

心温まるファミリーの愛を描いた
ラブ&コメディはやっぱりいいですね。

この映画の主役はマコーレー・カルキン君。
彼は歴史にのこるキッズタレント(子役)の
1人でしょう。世界一有名な子役といっても
いいかもしれません。

カルキン君はこの当時、10歳。
映画と同じように多くの兄弟(7人兄弟)の
次男。両親共は俳優さんで、まさにキッズ
タレントになるべくしてなった感じですね。
大人になった現在、弟も俳優をやっています。
(キーラン・カルキン、ロリー・カルキン)

また、翌年の1991年に主演した「マイ・ガール」
も大ヒットし、1992年には「ホーム・アローン2」
が再び世界中でヒットしました。

当時、大人気となったカルキン君の出演料は
子役としては、価格の6億円以上を言われました。

生年月日:1989年8月26日
出身:アメリ合衆国。ニューヨーク州

この作品を見ると、今年もクリスマスが
来たなと思い、始めて見たころのことを
思い出してしまします。

出演作品が、時代が変わっても世界時中で
クリスマス映画の定番となっているのは
素晴らしいことですね。

2015年12月12日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : tomu

「虎影」の子役

虎影

6月20日(土)から人気俳優の斎藤工さん主
演の「虎影」が上映されますね。

この映画は、忍びの道を抜けた虎影・斎藤工
さんが家族を人質にされ忍びとして再び刀を
抜くことになるストーリーです。

その家族の息子役を演じるのが石川樹くん。

撮影中は、斎藤工さんに本当の息子のように
可愛がられていたことが、完成披露試写会で
監督の西村喜廣氏が語っています。

それを受けて、斎藤工さんは「それは“営業
スイート”です。このような場で話してもら
うために逆算して優しくしました」と自虐発
言。

照れ屋の彼らしいと話題になっています。


スポンサードリンク

●石川樹君のプロフィール

名前:石川樹 (いしかわたつき)

誕生日:2003年7月31日(11歳)

性別:男

身長:136㎝

体重:29㎏

所属:テアトルアカデミー

(テレビ)
ミッションイングリッシュ
放課後グルーヴ
Piece
ゴーストママ捜査線
LADY~最後の犯罪プロファイル~
大河ドラマ「花燃ゆ」
など

(CM)
ファミリーマート
ステテコリラコ
ブレインネティックス
フィットちゃん
など

横山歩くん髙橋來くんに続き石川樹くんも
テアトルアカデミーなんですね。

封切1週間前になりましたが、子役石川樹く
んがどんな演技を見せてくれるのか楽しみ
ですね。

2015年6月13日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : tomu

円卓、こっこ、ひと夏のイマジン

円卓、こっこ、ひと夏のイマジン

『円卓、こっこ、ひと夏のイマジン』をまた観ちゃいました

この作品何回観ても、い~なと思います。

主役の芦田愛菜ちゃんが上手いし、素晴らしいのは言う
までもありませんが、共演者がみんな味があっていいん
ですね。

特に大好きなのが、団地のお隣さんでクラスメートの
「ぽっさん」。
心優しい少年で「こっこ」が大好きでお兄さんがいる
せいか、けっこう物知り。

吃音症で自分にコンプレックがあるけど、「こっこ」の
遠慮のない彼女流の接し方で勇気づけられている。
子供ながら「こっこ」の特異な性格の理解者。
いい味出してるんですね~。

ぽっさん

演じている子役(キッズタレント)は、伊藤 秀優くん。
彼は、兵庫県淡路島に住む少年で、「ぽっさん」はオー
ディションで勝ち取った役ですが、行定 勲監督のイメー
ジにピッタリで即決だったそうです。

子役として演じるならこんな少年を一度は演じて思い出、
経験として残せたら幸せでしょうね。
大人が大好きになる少年です。

あと、「こっこ」の三つ子のお姉ちゃんの「理子、眞子、
朋美」がとても可愛い。
「こっこ」のことが可愛くてしょうがないのが、よく
表れている。

三つ子の姉

この三つ子姉妹を演じているは、青山美郷ちゃん。
なんと一人で三つ子を演じているんですね。
映像的にも全然不自然じゃなく三人三様の性格もちゃん
と出ています。

特にバスケ部の阿保だけどイケメンの彼氏がいる理子
の突っ込みがいい。阿保の彼氏も面白けど。

全体的に関西のノリが明るくさせているんでしょうね。
子供たちの中にも、日常起こりうる問題が色々起こって
いるのですが、屈託なく乗り越えていく子供たちに心が
温められます。

原作の西 加奈子さんが言っていた「大人になり失って
しまった少年期の光を思い起こさせてくれる。そして
その光は一瞬一瞬その瞬間だけのも、代えがたい人生の
中の一瞬。」

まさにそんな作品です。

まだご覧になっていなければ、是非ご覧ください。
子役たちの屈託のない演技、要チックです。

2015年6月1日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : tomu

貫地谷しほり主演「くちづけ」

映画「くちづけ」
非常に意味深い作品ですね。

舞台が知的支援を目的としたグループホームなため
デリケートで表現が難しい中、登場人物たちの温か
でピュアな部分がユーモアを取り混ぜ描かれていた
と思います。

貫地谷しほりさんは、映画初主演だったようです
が、「スウィングガールズ」のまだ、17~18歳の時
から約9年経って確実に成長していい女優さんにな
っています。

シリアスからコメディまで幅広く演じられるところ
が魅力ですね。

貫地谷しほりさんは、芸能界に入るきっかけは、
中学生の時に、新宿の駅でのスカウト。

その後、Ito M スタジオ研究生として演技の勉強を
したそうです。

やはりきちっとした鍛錬が今の演技の基礎になって
いるのでしょうね。

幼年期から青年期にかけて、一番成長する時期に
自分の目標を見つけ勉強できることは、素晴らし
ことだし、幸せなことですね。

この映画「くちづけ」は、そのほか沢山の実力派
俳優さんが出演しています。

得に、竹中直人さんの障害を持った父で不幸にして
癌に侵されてしまうという役は、名演でした。

竹中さんは、オーバーアクションのコメディ的な
演技が印象に残ってしまいますが、こういう演技
も上手なんだと感心させられました。

実話に基づいた作品とのことなので、なおのこと
辛すぎました。


スポンサードリンク


また沢山ある見どころの内、カメラアングルなど
撮り方も面白いとこです。

元々が、宅間孝行さんの脚本で彼の主催する劇団
「東京セレソンデラックス」で上演した作品を
映画化したため、意図的に舞台のような感じで撮
れています。

宅間孝行さんも脚本、演技と才能豊な方ですね。

彼の演じる「うーやん」は、この作品を形付ける
非常に大切な役で、ある意味「うーやん」が
いてこその作品です。

テレビでは、あまり宅間孝行さんを主役で見かけ
ることはありませんが、彼ならではの演技を
もっと見てみたいです。

また、ホーム運営者役の平田満、麻生祐未さん
そして「あまちゃん」出演でブレイクした一人、
ホームの娘役の橋本愛ちゃんもとても良かった。

健常者の高校生が偏見なく接する姿が、心救わ
れました。

「うーやん」への突っ込みがいいんですね。

2013年の作品になりますが、まだご覧になって
いない方には、是非ご覧いただきたい映画です。

2015年5月31日 | カテゴリー : 映画 | 投稿者 : tomu