加藤清史郎 君

鈴木福君、芦田愛菜ちゃんの前に大ブレークしたのが 加藤清史郎君。

清史郎君もだいぶお兄ちゃんになってきてもう12歳。 今ちょうどキッズタレントとしても転換期を迎えて いるのでしょう。

彼の活躍は多肢に渡りますが、特に印象深いのが NHK大河ドラマ「天地人」とトヨタのCM「こども店長」。

「天地人」では樋口与六(直江兼続の幼少期)を演じ 視聴者から賛辞とあのキッズタレント(子役)は誰か との問い合せが相次ぎ、後の回想シーンに再登場、 そして兼続の長男・竹松としても登場することになり ました。

「こども店長」も非常に人気のあったCMで彼自身も「 こども店長」と呼ばれることが多くなったといわれて います。

加藤清史郎君は生後2カ月の時、劇団ひまわりに登録し たことがきっかけで、1歳1ヶ月で芸能界デビュー。 3歳から劇団ひまわりのりの幼稚部のレッスンに通ってい ます。

2009年9月には、NHK・みんなのうたで2009年夏に流れ た演歌「かつおぶしだよ人生は」で歌手デビュー。 音楽配信と着信ボイスの合計で13万ダウンロード以上 に達しています。

また、同年『こども役者 加藤清史郎のきもち』で作家 デビューも果たしています。

中学生になる清史郎君、これからはさらに幅広い役に 挑戦し新たな彼の魅了を見せてくれるでしょう。

○生年月日:2001年8月4日(12歳)

○神奈川県出身

○劇団ひまわり所属

2014年1月15日