「明日、ママがいない」第6話の視聴率は11.5%

asumama-6
第6話はロッカーにスポットが。
ロッカー(三浦翔平さん)の生い立ちや心の傷が描かれています。

父親殺しで母が自分をかばって罪を被ったと思い込んでいたロッカーが
真実を知ることに。

自分を人殺しと思っていたが、本当に父を殺したのは母だった。
そこには、母の「愛する我が子ロッカーを守りたい」という愛があった。
しかし母は病気でこの世を去ってしまいます。

コガモの家の子供達は、ロッカーが人殺しと知り彼を拒絶。
DVなど暴力に暗い過去をもつ子供達にしてみれば仕方のないことなのかもしれない。

ロッカーの人柄を信じ、奮闘するのがポスト(芦田愛菜ちゃん)。
しかし、他のコガモの家の子供達にはなかなか理解されない。

最後は魔王(三上博史さん)が子供達を説得。

この三上さんの演技はかなりの熱演だった。
まさに魔王から金八先生に。

もしかしたらこの辺(キャラ)が手直しされたところなのか?

ずれにして、今回もキッズタレント達は大活躍。
特にドンキ(鈴木梨央ちゃん)の微妙な演技が次回へとつながって行きます。

2014年2月21日