浅田真央ちゃんが復帰

mao-1b

浅田真央ちゃんが今日、10月2日にジャパンオープン・カーニバルオンアイスで
カムバックしますね。

2015年5月18日に、公式ブログで現役続行を明らかにしてから初めての試合です。

選手としてのカムバックを「ハーフハーフ」といっていた真央ちゃんですが、
選手復帰を決断してくれて、また美しいスケートが見れるのが楽しみです。

ただ、1年間競技生活を休養していただけに最初から期待しすぎるのは
可愛そうかもしれませんね。

真央ちゃんも9月25日に25歳になり、すっかり大人の女性になりましたが、
いまだに小学生、中学生の時の可憐でキュートなスケート姿が目に焼き付いています。

女性らしさや艶のある演技ではありませんでしたが、一生懸命な姿と
未来への可能性、夢を感じさせてくれるその姿は、とっても魅力的でした。

中学生後半からは、得意のジャンプをいかした演技で頭角を現し、ジュニアだけでは
なくシニアでも活躍するようになり、トリノオリンピック出場も期待されました。

まさにその姿は、才能ある子役(キッズタレント)が大人の俳優さんたちと肩をならべ
一歩も引けをとらず、名優の道を歩んで行くようでした。

残念ながらトリノオリンピックは、ISUの定めた「五輪前年の6月30日までに15歳」と
いう年齢制限に87日足りず、出場資格が得られませんでしたが、当時そのことがずい
ぶんと話題になりました。

4年後、出場をはたしたバンクーバー5輪では、韓国の金妍児さんに続き
銀メダルを獲得ました。

金妍児さんとは、ジュニア時代から同年齢で体型も近くライバルでした。
成績は勝ったり負けたりでしたが、バンクーバー5輪時期には、
金妍児さんの方が選手としてピークを迎えたような気がします。

mao-2b

バンクーバー5輪後は、コーチが 佐藤信夫さんに代わり、今までの得意の
トリプルアクセルなどのジャンプを武器にした演技からスケーティングにも
力を入れた演技に変わってきました。
大人になった真央ちゃんの魅力がさらに加わってきました。

幼いころから見てきた真央ちゃんの大人のスケートが見れると思うと
今年の冬は楽しみがいっぱいです。

2015年10月3日 | カテゴリー : スポーツ | 投稿者 : tomu