涙なくして読めない!絵本作家 のぶみサン


 
涙なくして読めない!絵本作家 のぶみサン

「ママがおばけになっちゃった!」のシリーズ45万部を
突破した今子供だけではなくママたちにも大人気の
絵本作家さんですね。

ママたちの間では「涙なしでは読めない!」「号泣しす
ぎて子供に読み聞かせられない!」と多くの反響が
上がっているそうです。

その創作活動の独特で非常に情熱的です。
構想をたてじっくり描き上げた後もイラストの清書はせず
下書きのままで多くの子供たちやママたちの前で読み聞
かせます。その数は3000人以上になることもあるようです。
そして反応をみて「自分の思いは伝わっているのか」など
問い続け加筆、変更と出筆を重ねます。

読み聞かせでも、のぶみサン自身が涙してまうようです。
その作品への思い入れが多くの子供やママたちに感動を
与えるのですね。


スポンサードリンク


 

●のぶみサンのプルフィールも異色です。
生まれは1978年の東京都。
両親は教会の牧師さんです。子供のころは女の子ぽい名前
と家が教会だということでいじめにあいます。
そして幾度かの自殺未遂、不登校や引きこもり。高校時代
は当時”チーマー”と呼ばれた不良グループのボスに。

その後保育士の専門学校へ通い、気になる女性(現在の妻)
が絵本好きだったため絵本を描き始めます。
最初は、彼女の気を惹きたくて自分も絵本のを描いている
と嘘をついたのがきっかけだったようです。

元チーマーのボスが絵本作家というのも驚きますが、子供
時代のいじめを受けた経験も作品に大きな影響を与えて
いるのでしょうね。

作品は「ぼく、仮面ライダーになる!」「しんかんくん」
「ママがおばけになっちゃった!」など170冊以上。
さらにNHK「おかあさんといっしょ」に登場するキャラクター
や「こども・子育て支援制度」のシンボルマークの制作
など活躍は多肢にわたります。

是非、のぼみサンの作品は子供たちに読んでもらいたいです。
また、愛らしい子役(キッスタレント)たちの朗読やアニメ、
実写のドラマや映画なども見てみたです。きっと素晴らしい
作品ができるのではないでしょうか。

2016年11月14日 | カテゴリー : 本・絵本 | 投稿者 : tomu