キッズタレントの収入

■チラシの仕事5,000円からCM契約1本1,000万円以上まで

芸能界にはよくある話しですが、その収入はピンからキリまで。

吉本興業の今は億近く稼ぐ芸人が、売れない頃は500円で舞台に 出ていたと言っていましたが、
そこまで極端ではなくても、キッ ズタレント(子役)も1回5,000円くらいのチラシなどの仕事から
始まることが多いようです。

ドラマなども制作サイドからのオファーで出演するようになる までは、オーディションを
受け出演することになります。 その場合、一般的には1話約5万円くらいが相場と言われています。
もちろんこの金額では、事務所の取り分や交通費等の必要経費を 引いたら赤字になってしまうことも。
この金額での出演は、「チャンスを掴む」が目的ともいえます。

チャンスを掴みドラマのレギュラー出演となれば、1話20から30 万円、1クールで数百万の収入。
さらにドラマの主題曲を歌えば その印税等も入ります。さらにさらに、ドラマが好評ならCM出演
ということになり収入は何倍何十倍にもアップすることになりま す。 キッズタレント(子役)の
有利な点はスポンサー受けが良いこと です。
子供の出演は商品やサービスを好印象に結び付けやすいで すからね。

最近ではドラマ「マルモ」でブレイクした芦田愛菜ちゃん鈴木 福君がいい例ですね。

これは何の世界でもそうですが、誰もが成功するという訳では ありません。むしろ成功者が少数派です。
キッズタレントを目指す場合、収入だけではなく、レッスンや 経験から学べることをしっかり身に着ける
ことが大切ですね。

・礼儀作法 ・ハキハキ話ができる ・台詞を覚える ・歌、ダンスの上達 ・チームで物を作る協調性
・大人達が真剣に働く制作現場に触れる 等 無駄にしなければ学べることが沢山あります。
なにしろその道のエキスパートが揃っているわけですから。

>>こども番組?ドラマ?CM?無料オーディションで才能発掘! (テアトルアカデミー)

収入

芦田愛菜ちゃんの収入は

2012年の女優の高額収入のランキング

1位 綾瀬はるか 4億1,000万円
2位 黒木メイサ 3億2,000万円
3位 佐々木希  3億1,000万円
4位 吉瀬美智子 2億9,000万円
5位   杏   2億8,000万円
6位  武井咲  2億6,000万円
7位  高島彩  2億2,000万円
8位 長澤まさみ 2億1,800万円
9位 芦田愛菜  1億9,000万円
10位 松島菜々子 1億4,000万円

(最新芸能エンタメNEWSによる)

9位に芦田愛菜ちゃんがランクイン。 通常 子役のギャラは女優の10分の1と言われているようで 子役の芦田愛菜ちゃんがランクインするとこは異例中の異例の ようです。 しかも、その額が1億9,000円という高額。

もし、報じられているように子役のギャラが女優の10分の1 ならば、女優のレベルで考えた場合、10億超えということにな ります。 たしかにドラマ・CM・歌と大活躍しテレビでの露出の多かった ですね。

このところ子役の活躍は特に目立ちますし、これだけ需要が拡 大すれば世の常で子役の出演料等も当然高騰してきていると考 えるが自然でしょう。

記事によると事務所との取り分は、5対5から若手タレントの場 合はもう少し下がるとのことなので9,000万円以下になるのでし ょうがそれにしてもものすごい金額ですね。 愛菜ちゃんのお父さんは大手銀行マンとのことですが小学生に してお父さんを凌ぐ収入とゆうことになります。

2014年1月13日

70年代のスター子役坂上忍さん 父親の1億円借金を完済

子役の先駆け的存在の坂上忍さんが父親が作った1億円の借金を 自力で返した話はテレビ番組などでも本人が語っています。

坂上忍さんは3歳で「劇団若草」に入団し才能を開花。 「下町かあさん」のテレビドラマデビューを皮切りに多くのドラ マに出演。一躍役スター子役(キッズタレント)になりました。

15歳で両親が離婚。父親の事業の失敗やギャンブルでの借金を 返すことに。 彼の頑張りも大変なものだったのでしょう。25歳には借金を完済。 そこには彼の凄まじい努力もあったのでしょうが、それだけではなく、有名子役後の彼の収入の高さもうかがわれます。

最近またテレビ等で彼を見る機会が増えました。 それは最近の子役ブームを反映し、1970年代の子役ブームの中心 的存在としての彼への注目もあるのでしょう。

2014年1月13日

鈴木福君の収入は

やはり2012年、2013年と大活躍した鈴木福君の収入は気になるところ。 現在トップクラスに君臨する鈴木福君の収入はキッズタレント(子役) の指標になりますね。

CMの出演料でみると、大手広告代理店関係者に話しでは、芦田愛菜ちゃんのCM出演価格が1本2,500万円だったのが1,000万円に下がり、対し鈴木福君の価格が上がり1,500万円に上がったとのこと。(ライブドアニュース)

この価格は広告代理店がスポンサーと交渉する時の価格のようです。 もちろんCMの規模や内容などで変わるのでしょうが、概ねこのぐらいの価格が基準になるということでしょう。

年5本のCM契約をすれば、単純に5,000万円以上の金額がCMだけで所属事務所に入る計算ですね。その他、ドラマ、映画、雑誌、歌などがあるわけですがら事務所と折半でも億を稼ぐキッズタレント(子役)がいても不思議はないということです。

>>鈴木 福君は、テアトルアカデミーの所属。無料オーディションはこちら

2014年1月20日